編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

Arm版「Windows 10」、x64エミュレーションに対応へ

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: Crowd Power Partners 編集部

2020-10-01 14:25

  Microsoftは米国時間9月30日、Armに対応する「Windows 10」の最新情報を明らかにした。

Windows 10
提供:Microsoft

  同社は、Arm版Windows 10がx64エミュレーションによってx64アプリを動作できるようになるとブログで発表した。11月に「Windows Insider Program」で公開されるテストビルドにこの機能を追加するという。一般提供の時期については明らかにしていない。

  現在、Windows 10 on Armでエミュレーション動作に対応できるのは32-bitのx86アプリだけだ。x64エミュレーションに対応していないことで、Windows 10 on Armデバイスで利用できるアプリの数は制限されていた。ただし、技術系ニュースサイトのNeowinが5月の報道で、MicrosoftがWindows on Armでのx64エミュレーションの開発が進んでいることを示唆していた。

  同社は30日、Windows 10 on Arm向けに「Visual Studio」のコードを最適化したことも明らかにした。さらに、「Chromium」ベースの新しい「Edge」ブラウザーをさらに高速化し、バッテリーの消費を少なくしているという。また、Windows 10 on Arm向けに最適化した「Microsoft Teams」のネイティブクライアントを「近々」リリースするとしている。

 Microsoftはブログで、「当社はAcer、HP、レノボ、サムスンと連携し、Surfaceに取り組むことで、これらのWindows 10 on ARMのイノベーションと製品を共通の顧客に提供していく」とした。

 同社は、Armベースの2-in-1 PC「Surface Pro X」を2019年10月に発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]