編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

オンワード樫山、SBテクノロジーの「Flow」導入--“ハンコリレー”からスマホで承認

NO BUDGET

2020-10-28 07:00

 オンワード樫山は、申請/承認業務の効率化を目的に、SBテクノロジーのクラウド型ワークフローサービス「Flow」を導入した。現在、一部のグループ会社を含めた約4000アカウントで利用されている。SBテクノロジーが発表した。

 オンワード樫山では、紙の申請書類をいくつもの部署に回して承認者が押印する「ハンコリレー」がなくなり、オフィスに出社しなくてもスマートフォンから承認処理ができるようになった。短縮効果として、従来は日数を要していた申請処理が最短10分で完了できるようになり、申請/決裁処理の業務負荷も8〜9割軽減されたという。

 同サービスはワークフロー作成が容易な「SharePoint」ベースのサービスで、必要なワークフロー機能を網羅しており、「モダンUI」にも対応している。

 同社では2017年からオンプレミス環境に構築/運用していた、メール/グループウェアシステムを「Office 365」へ移行し、2018年12月にはSharePointによる全社ポータルサイトの作成や、「Microsoft Teams」を活用したモバイル対応のコミュニケーション/コラボレーション環境の構築などのクラウド化を行った。

 しかし申請処理の多くを紙の書類で行っていたため、申請の承認状況が見えない、拠点をまたぐ決裁に時間がかかるといった課題を抱えており、決裁のスピード化とワークフローの電子化が急務となっていた。

 Flowを選択したポイントは、使い慣れていたSharePointベースで作られており、スマートフォンからの申請/承認に対応していることや、モダンUIに対応したウェブパーツも備えていることが挙げられている。またクラウドサービスとして提供されているため、インフラ構築/運用をする必要もないことも決め手になったという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]