編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

マイクロソフト、クラウドベースのSCOM「Aquila」プライベートプレビューを準備か

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-11-05 16:19

 Microsoftは、「System Center Operations Manager」(SCOM)をクラウドで利用できるようにするための準備を進めている。複数の情報筋によると、このプロジェクト(開発コード名「Aquila」)は、比較的近い将来にプライベートプレビューとなる可能性があるという。

Microsoft
提供:Microsoft

 SCOMは、インフラを監視するMicrosoftのソリューションで、データセンター、およびプライベートクラウドとパブリッククラウドに対応する総合的な監視機能も提供する。単一のコンソールビューでコンピューターやデバイス、サービス、アプリケーションを監視できる。

 これまでに筆者が聞いた情報によると、AquilaはMicrosoftがフルで管理するSCOMのインスタンスとなり、「Azure」「Windows Server Datacenter」、エッジコンピューティングシステムで利用できるという。仮想マシンベースのデプロイメントではなく、コンテナーベースのデプロイメントに対応する。オンプレミスで稼働するSCOMと互換性がある。Aquilaは、ユーザーのSCOM管理パックを保護するかたちで、オンプレミスのSCOMからの移行をサポートする。また、MicrosoftのAzureベースの監視およびテレメトリーサービス「Azure Monitor」と連携する。

 Microsoftは2019年から、SCOMではなくAzure Monitorを利用して、自社のアプリケーションを監視してきたようだ。エンタープライズユーザーに対しても同様に行うよう誘導してきたが、消極的なユーザーや不可能なユーザーもいた。Aquilaは、Microsoftがより漸進的なアプローチでユーザーの運用管理をクラウドに移行させる手段のようだ。

 Aquilaについて筆者がMicrosoftにコメントを求めたところ、広報担当者は「Microsoftから共有することはない」と話した。

 情報筋の1人はAquilaについて、「基本的に、AzureでスピンアップされるSCOM」だと説明した。「オンプレミスで1、2台の物理サーバーを管理する必要がなくなる」ため、一部で歓迎される可能性があるという。

 Aquilaがまもなくプライベートプレビュー版になるはずだと筆者は聞いている。Microsoftは、基本プランからより機能の充実したプランまで、数種類の価格帯でAquilaサービスを提供する可能性があるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]