編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

アップルやグーグルなど11社、6G推進団体「Next G Alliance」に参加

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉 (ガリレオ)

2020-11-16 11:41

 Apple、Google、LG Electronicsなど11社が、新たな業界団体「Next G Alliance」に参加した。同団体の目標は、「5Gが進化する道筋と6Gの初期の開発において、北米が世界を主導する役割」を推進することと、「北米の革新性を念頭に置き、6Gの導入、普及、商業化に向けた活発な市場を促進する次世代開発ロードマップ」を策定することだ。新たに参加したのはこのほか、Charter、Cisco、Hewlett Packard Enterprise、Intel、Keysight Technologies、Mavenir、MITRE、VMware。

さまざまなスマートフォン
提供:Angela Lang/CNET

 同団体は通信業界団体Alliance for Telecommunications Industry Solutions(ATIS)が10月に設立したもの。他の加盟企業には、米通信会社のAT&T、Verizon、US Cellular、T-Mobileのほか、Charter Communications、カナダの通信会社Bell CanadaとTELUS、さらにMicrosoft、サムスン、Facebook、Ericsson、Nokia、Qualcommが含まれる。

 目につくのは、初期の5Gネットワーク配備に大きく関わった華為技術(ファーウェイ)が参加していない点だ。2019年の複数の報道によると、ファーウェイは既に6Gの独自研究を始めているという。

 Next G Allianceのウェブサイトによると、創設メンバー各社は、「上級幹部を代表として送り出し、アライアンスの戦略と方向性を定める責を負う」。創設メンバーは2021年の年会費として2万ドル(約210万円)を拠出する。初回会合を11月中に開催し、「運営グループ」を指名する予定だという。

 6Gが市場に登場する時期についてのタイムラインがなく、概要や性能も未定の状況だが、同アライアンスはワーキンググループを2021年前半に立ち上げる予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]