テンセント、日本でクラウド事業を拡大

ZDNet Japan Staff

2020-12-03 17:27

 中国のテンセント(騰訊、TENCENT)は12月3日、日本でクラウド事業を拡大させる戦略を発表した。2021年初旬に日本で2カ所目のアベイラビリティーゾーンを開設するほか、同年末までに国内での採用人数を倍増させる予定だとしている。

 同社は2019年に日本へ進出し、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが急加速しているとして、日本市場でパートナーと緊密に連携しながら、電子商取引やライブ配信、教育、ゲーム、製造などの幅広い業界に向けに、クラウドサービスを提供していくと表明した。

 クラウドサービスは世界で100万社以上が利用しているといい、日本では三井物産、bravesoftなどと提携している。

 クラウド 東北アジア地区責任者の趙剣南氏は、「日本独自の包括的なデジタルエコシステムを構築することを常に最優先に取り組んできた。今後も日本への投資のさらなる強化と継続させることで、価値の高い製品やサービスを提供できるようパートナーの協力していく」とコメントしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]