レッドハット、Kubernetesのセキュリティ企業StackRoxを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2021-01-08 11:15

 Red Hatは米国時間1月7日、コンテナーと「Kubernetes」ネイティブのセキュリティを手掛けるStackRoxを買収する計画を発表した。Kubernetesディストリビューション「Red Hat OpenShift」プラットフォームに、StackRoxのセキュリティソフトウェアを導入するとしている。

 StackRoxのソフトウェアは、エンフォースメントとデータ収集のコンポーネントをKubernetesクラスターのインフラに直接デプロイすることで、Kubernetesクラスター全体の可視性を提供する。またStackRoxは、何百もの組み込みのコントロールを含むポリシーエンジンを提供し、セキュリティのベストプラクティス、業界標準、構成管理を実行できるようにする。

 Red HatはStackRoxとともに、Kubernetesのネイティブコントロールの拡張と改善を行い、またセキュリティをコンテナーの構築と継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)フェーズに移行することで、クラウドネイティブなワークロードのセキュリティ向上にフォーカスする。

 Red Hatの最高経営責任者(CEO)のPaul Cormier氏は、「Kubernetesのワークロードとインフラのセキュリティ確保は、断片的に行うべきではない。セキュリティは後付けではなくあらゆる部分のデプロイに統合されていなければならない。Red Hatは、OpenShiftのレイヤー化されたセキュリティのアプローチに、StackRoxのKubernetesネイティブな機能を追加し、あらゆる組織にIT拠点のオープンなハイブリッドクラウド全体で、プロダクトレディのオープンイノベーションをもたらすという当社のミッションをさらに強化したい」と述べた。

 Red Hatは、StackRoxの買収完了後には、同社の技術をオープンソース化する計画だ。また、StackRoxはOpenShift以外にも、「Amazon Elastic Kubernetes Service」「Microsoft Azure Kubernetes Service」「Google Kubernetes Engine」など、複数のKubernetesプラットフォームを引き続きサポートしていく。

 買収額などは明らかにされていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]