編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
海外コメンタリー

IBM傘下となったレッドハットの未来--クリス・ライトCTOが語る

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2019-07-31 06:30

 多くの人々は、IBMがRed Hat買収した後、どういったことが起こるのかについての答えが出そろうのをいまだに待ち望んでいる。そんななか、Red Hatの最高技術責任者(CTO)でありLinuxのカーネル開発者でもあるChris Wright氏がRedditのAMA(Ask Me Anything:質問受け付けます)セクションに登場し、Red Hatのオープンソースと製品の方向性を堅持すると明言し、参加者らを安心させた。

 最初に出てきた質問は、Red Hatの「Kubernetes」製品である「OpenShift」の今後がどうなるかというものだった。Kubernetesは現代のハイブリッドクラウドに欠かせないものとなっている。実際のところ、IBMがRed Hatを買収した大きな理由の1つは、Red Hatの持つハイブリッドクラウドの専門的能力を手に入れるためだ。とはいえ、IBMも同社のプライベートクラウド製品向けに「IBM Cloud Kubernetes Service」というネイティブなKubernetes製品を有している。

 Wright氏は次のように述べている。

 IBMによる買収が「OpenShift/OKD」に影響を与えることはない(OKDは、OpenShift向けに用いられるKubernetesのオープンソースコミュニティーディストリビューションだ)。ここで重要な点が2つある。1つ目は、Red Hatは依然としてRed Hatであり、われわれはエンタープライズ向けの、業界で最も包括的なKubernetesプラットフォームをもたらすことに注力している点だ。2つ目は、Kubernetesにおけるアップストリームファーストの開発と、OKDのコミュニティーのエコシステムにおける開発が、われわれの製品開発プロセスの一部となっている点だ。これら2つの点に変わりはない。IBMによる買収はOpenShiftの普及を加速させるうえで力になるはずだ。

 Wright氏は、IBM独自のKubernetes製品について、直接的に言及する内容は持ち合わせていないとした。

 この点については何もコメントできない。ただ、IBMはOpenShiftが稼働している場所であれば、どこでも(オンプレミス環境や、プロバイダーをまたがるパブリッククラウド環境で)同社の製品を稼働させることに価値を見出しているという点は言える。

 また、Wright氏は次のように付け加えている。

 Red Hatは今までと同様に、ハイブリッドクラウドを実現する最善の道として自らの製品ポートフォリオに注力していく。IBMはわれわれの戦略を変えようとはしていない。われわれの戦略は、ハイブリッドクラウドを実現するためのプラットフォームと、プラットフォーム回りで必要になるツールを開発していくという、今までと変わらないものとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]