編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

プラザクリエイト、1人用オンライン会議ボックス販売--Zoomが利用可能 - (page 2)

阿久津良和

2021-01-28 06:45

 同種の他社製品と比較して安価なOne-Boは、外部からの視線を遮断するスマートガラス、約2分でボックス内の空気を循環させる換気ファン、USB付きコンセントや気分転換用のLEDライトなどを標準で備える。また、スプリンクラーや壁面ラッピング、ドア面のカッティングシート、One-Bo 1.00用ハイチェアもオプションで用意した。

「One-Bo」の外観。スマートグラスを有効にすることでプライバシーも保てる
One-Boの外観。スマートグラスを有効にすることでプライバシーも保てる

 オンライン会議の弱点として挙げられるのが、物理空間を共有できずに瞬間的なひらめきが湧きにくい点である。プラザクリエイトはオンライン会議の弱点を補完するため、会話内容を人工知能(AI)が分析し、ひらめきにつながる画像やキーワードをピックアップして、共有画面上に表示するアイデア発想支援ツール「Inspiration Wall」との連携を予定している。

 オンライン会議が主たる利用目的のOne-Boxだが、設置箇所を拡大することで保険窓口や遠隔診療、英会話など各種サービスの連携も予定している。

壁面ラッピングを施したOne-Boの設置イメージ。申し込みから納品までの調達期間は最短7日間という
壁面ラッピングを施したOne-Boの設置イメージ。申し込みから納品までの調達期間は最短7日間という

 新谷氏は「これまで培ってきた既存店舗のビジネスリレーションがあるデベロッパー、駅・公共施設など各種パートナーと協議を進めながら、さまざまなシーンでOne-Boを設置する可能性を拡大したい」と説明した。なお、販売パートナーとしてSB C&Sが参画し、プラザクリエイトは初年度は約500台、2025年度までに累計1万台の販売を目指す。

 One-Boの購入では、One-Bo自体とZoomのライセンスをセットで購入できる。Zoomのライセンスには「Pro」「Business」「Enterprise」の3種類がある。セット価格は以下の通り。

One-BoのZoomとのセット価格
Zoom Meetingライセンスライセンス数税別価格
One-Bo 1.00Pro5~952万2000円
Business10~4953万 400円
Enterprise5053万6400円
One-Bo 1.20Pro5~957万2000円
Business10~4958万 400円
Enterprise5058万6400円

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]