日体大荏原高校、サーバー集約で管理対象を削減--学内で運用できるシステムを構築

NO BUDGET

2021-02-03 16:46

 日本体育大学荏原高等学校は、4つのシステムを仮想化されたサーバーに集約してハイブリッドクラウドを導入した。将来的にはIaaSへの段階的な移行を計画している。このプロジェクトは、シネックスジャパンが協力した。

 同校は、日本教育工学協会(JAET)認定の「学校情報化優良校」だが、校内でシステム管理できるリソースが乏しく、システム運用の工数、コストともに大きな負担となっていた。シネックスジャパンは、今回のプロジェクトで、何をオンプレミスに残し、何をクラウドに上げるかなどのサーバー選定、仮想化統合の技術選定などについて支援した。またそれ以外にも、問題の所在と課題の整理、ロードマップ策定、設計、環境構築に至る支援を実施している。

 導入前は学内ITの老朽化、複雑化、運用負担が増大し、管理業務を外部委託するため、運用費が増大していた。またシステムの保管場所もバラバラになっていたという。

 そこでシネックスジャパンでは「HPE ProLiant DL360 Gen10」を導入することで、オンプレミスとクラウドのシステムをハイブリッド運用させ、段階的なシステムのクラウド化を進めた。システム統合されることにより、管理対象の大幅削減し、学校自身で運用できる手間のかからないシステムが完成したという。

 同校では、サーバー集約により管理対象が大幅に減ったことや、外部の専門家ではなく自分たちで運用できる範囲が広がったことを高く評価している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]