編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ベネッセ、進研ゼミ教材の校正業務にレビューツール「Brushup」採用

大場みのり (編集部)

2021-02-05 16:03

 ベネッセコーポレーションは、通信教育講座「進研ゼミ」における教材の校正作業にレビューツール「Brushup(ブラッシュアップ)」を採用した。校正業務をオンライン化することで、デジタル変革(DX)を推進するとしている。同ツールを提供するBrushupが2月4日に発表した。

 同ツールでは、書籍、広告物、イラスト、動画など、さまざまな制作物をウェブブラウザーやアプリでプレビュー表示し、ユーザーはそのまま手描きで校正をすることができる。導入企業数は、約7500社に上る。

Brushupの利用イメージ(出典:Brushup)
Brushupの利用イメージ(出典:Brushup)

 進研ゼミにおける教材の校正業務には1000人以上の校正スタッフ/編集者が携わっており、これまで校正紙の出力、配送による受け渡し、紙での校正/校閲を行っていた。今回Brushupを導入し、オンライン校正へ移行することで、校正紙の出力や配送業務が大幅に軽減され、従来よりスピーディーな校正/校閲業務が期待される。

 また、校正スタッフの業務を管理するシステムと同ツールをAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)連携。これにより、従来メールや電話で対応していた校正担当の割り振りや作業の調整、教材の配信など、校正に関わるさまざま業務を半自動化し、大幅な効率化が可能になるという。

API連携のイメージ(出典:Brushup)
API連携のイメージ(出典:Brushup)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]