編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

生徒向けWindows端末3万4000台のセキュリティを「i-FILTER」で--高松市教育委

藤代格 (編集部)

2021-02-08 07:15

 香川県高松市教育委員会は、市内小中学校の児童、生徒向けに整備するWindows端末約3万4000台にURLフィルタリングサービス「i-FILTER@Cloud」のGIGAスクール版を採用。端末の私的利用の防止、安全なウェブアクセスの提供などを目指すという。2月5日、デジタルアーツ(千代田区)が発表した。

 学習に関係が無い有害情報の閲覧のフィルタリングでの制限や、デジタルアーツのデータベース(DB)が安全と判断したURLのみにアクセスできる“ホワイト運用”による標的型攻撃対策が可能。

 ルールは柔軟に設定でき、学齢などに合わせたカテゴリ設定ができるテンプレートも活用できるという。安全かつ学習に適したウェブアクセスを提供できるとしている。

ホワイト運用のイメージ(出典:デジタルアーツ) ホワイト運用のイメージ(出典:デジタルアーツ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 「自殺」「家出」といったキーワードを検索した際にメールで通知する「i-FILTER 子ども見守りシステム」を活用すれば、児童や生徒が抱える不安、SOSをいち早く察知可能。

 インターネット利用時間の制限で端末の私的利用防止もでき、離れていても学校が児童、生徒をシステムで見守ることができるとしている。

 URLフィルタリングソフト「i-FILTER」をクラウドサービスとして提供するi-FILTER@Cloudは、有害サイトへのアクセスをフィルタリングでブロックできる、1人あたりの税別月額利用料300円からの「有害情報対策」版と、ホワイト運用で標的型攻撃を対策できる500円からの「標準サービス」を用意している。

 文部科学省が提唱する「GIGAスクール構想」に合わせたGIGAスクール版は150円から。有害情報対策版と標準サービスは選択できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]