編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

Poly、個人向けウェブ会議端末で新製品--コロナ禍収束でも「昔には戻れない」

藤代格 (編集部)

2021-03-04 07:15

 Polyは3月3日、テレワーク/リモートワーク向けのウェブ会議向けデバイス群「POLY STUDIO P」シリーズを発表した。ウェブカメラ「P5」、ビデオバー「P15」、ディスプレイ「P21」の個人向け3製品で、価格は調整中ながら受注を開始。P5とP15は4~6月、P21は年内に提供開始見込みになるという。

 Polyは、音響機器メーカーのPlantronicsがPolycomを買収して統合、2019年3月に誕生したブランド。日本法人の存続会社はポリコムジャパン。

POLY STUDIO Pシリーズ(出典:ポリコムジャパン)
POLY STUDIO Pシリーズ(出典:ポリコムジャパン)

 個人ユーザーはデスクトップソフトウェア「POLY LENS DESKTOP」でSTUDIO Pデバイスの共通設定やファームウェアなどを更新、管理できる。IT部門は、クラウドサービス「POLY LENS クラウドマネージメント」を活用することで遠隔地からSTUDIO Pデバイスを管理したり、トラブルシューティングしたり、使用状況を分析したりできる。

 WindowsやMac向けの各種ウェブ会議アプリに対応し、P15は「Zoom」「Microsoft Teams」の認定を取得。ほかの製品も取得見込と説明している。

Erwin Matti氏
Erwin Matti氏

 日本法人で代表執行役社長を務めるErwin Matti氏は、「プロが使える高いクオリティを、たくさんの人がどのプラットフォームでもシンプルな要素で使える」「IT管理者が一元管理できる」「パッケージとして提案できる」というPシリーズのコンセプトを紹介。

 「ほとんどの組織が重要なプロセスにウェブ会議を活用している。新型コロナウイルス感染症の流行が静まったとしても、昔のように100%戻れるわけではない。変わる世界の中で変わることができる製品を提供したい」(Matti氏)と説明する。

3製品の特徴と位置付け(出典:ポリコムジャパン) 3製品の特徴と位置付け(出典:ポリコムジャパン)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]