編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

SAPジャパンら、沖縄市に多世代向け教育プログラムの実施拠点を設立

NO BUDGET

2021-04-05 14:53

 沖縄県沖縄市でまちづくりの活動を行うコザまち社中とSAPジャパンは、多世代向け教育プログラムの実施拠点「Hanaわらび」を開設した。4月3日から活動を行っている。

 Hanaわらびは、沖縄市の一番街に開設され、PCプログラミングやデジタル工作といったIT教育プログラムを子どもや学生、大人を対象に定期的に行う。

 さらに、地域課題解決のためのデザインシンキングワークショップの開催、経営をシミュレーションゲームで学ぶ「ERPsim」の実施などを企業や学生主導で行い、地域内外のコミュニティースペースにすることで、沖縄市を盛り上げていく。

 コザまち社中は、Hanaわらびの運営やコミュニティーづくりの支援のほか、実施するプログラムのコーディネートを賛同企業と行う。

 SAPジャパンは、HanaわらびにおいてSAPのテクノロジーや知見を活用し、プログラミングやデザインシンキングといったワークショップの開催支援、ERPsimの提供などを予定している。

 Hanaわらびは、IT教育プログラムの実施拠点としてだけでなく、新たな地域人材リソースの「関係人口」を増加させるためのハブとしての役目を担う。関係人口は地域やその住人と多様に関わる人々のことで、変化を生み出す人材として地域づくりの担い手となることが期待される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]