編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

清掃からリフォームまでの報告を現場でスマホから--月2万件を1人で管理

藤代格 (編集部)

2021-04-06 06:45

 賃貸アパート、マンションリフォームの企画などを事業とする営むエイブルリフォーム(港区、従業員数11人)は、営業支援(SFA)サービス「cyzen」を導入。リフォーム完了から入居者募集までの期間を短縮し、パートナー企業のリモートワークの仕組みを確立したという。4月5日、サービスを提供するレッドフォックス(千代田区)が発表した。

 居住者の退去後の清掃、物件のリフォームなどをパートナー企業に委託。パートナーは作業現場の状況確認と写真撮影、オフィスでの報告書作成、郵送という手順で業務報告していたという。

 エイブルリフォームでの報告書確認は週次、まとめての作業となり、数日を要していたとしている。

 郵送費用や紙などのコスト削減、業務スピード向上のため、スマートフォンで取得する位置情報や音声を業務報告に活用できるcyzenを導入。

 作業前後に撮影した写真を添付、作業完了後の送付という形の業務報告に切り替えたという。

 エイブルリフォームの担当者は、月に2万件の報告をリアルタイムに1人で確認可能。実施できていない作業など、完了報告後の再度の依頼が減少したという。

 リフォームや清掃などの作業完了から物件の入居者の募集開始までの期間を短縮しつつ、全80社のパートナー企業の作業を管理可能。パートナー企業が直行、直帰できる仕組みを確立したとしている。

 cyzenは、報告のフォーマットやフローをノーコードで設計、柔軟に設定でき、現場のアプリに反映可能。データは収集や分析もできるとしている。

活用できる機能例(出典:レッドフォックス) 活用できる機能例(出典:レッドフォックス)
※クリックすると拡大画像が見られます

 税別月額利用料は、1人につき必要な1IDあたりの参考価格が4000円。実際の価格は企業ごとに見積もりが必要になるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]