クラウド基盤「kintone」でリアルタイムに情報を更新--報告業務をゼロに

瀧村孝一 (MOVED)

2021-03-03 07:00

  • 実績報告のために、報告書を作成する
  • 報告書のために、グラフを作成する
  • グラフ説明のために、補足資料を作成する

 上記のような、報告するための準備業務が社内に存在していませんか?

 報告書が完成した時点で、既に実績は変化しています。報告書を作成する業務は現場の業務負担になるだけでなく、作成された資料は報告される時点で既に過去の情報となっています。

 第1回で紹介した、業務アプリを構築できるクラウドプラットフォーム「kintone」を活用すれば、会議中にもリアルタイムで更新できる報告資料を実現可能です。リアルタイムに情報を知ることは、本当の予実管理にもつながります。

 今回は、リアルタイムな状況把握を実現し、報告業務をゼロにする方法を紹介します。

日報が自動で実績へ

 kintoneに日々の状況を入力するだけで、リアルタイムな実績の共有につながります。日、週、月、年単位それぞれの実績がわかる日報を自動作成でき、必要な情報を必要な形で取得できます。結果、情報を報告するという業務がなくなります。

 kintoneは、入力した情報を簡単なステップでグラフ化する機能を実装しています。直感的な操作で、集計結果をプレビューしながら簡単に、円グラフやクロス集計などを作成できます。更に、作成したグラフのトップ画面やスレッド内での共有も可能です。

さまざまなグラフで表示できる さまざまなグラフで表示できる
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]