ジンズ、ウェブサイトの技術的課題を解析してコンバージョン率を改善

NO BUDGET

2021-04-14 15:59

 国内外に展開するメガネチェーン「JINS」を運営するジンズは、アカマイ・テクノロジーズのRUM(リアルユーザーモニタリング)ソリューション「mPulse」を採用した。

 これにより、ウェブサイトのパフォーマンスに影響を及ぼす技術的な課題と、解決すべきポイントを可視化でき、コンバージョン率が改善した。

 同社ではオンラインショップのアクセス解析を実施していたが、既存の解析ツールでは、サイトのパフォーマンス改善とコンバージョン率の向上の相関関係を調べる術がなかったため、アクセス数や流入元以上のデータや知見を得ることができずにいた。

 そこでmPulseのPoC(概念実証)を実施したところ、ユーザーが実際にブラウザー上で体感するパフォーマンス上のボトルネックが具体的に可視化され、各種施策や設定変更が商品購買のコンバージョン率にどう影響するかをシミュレーションすることができた。

 mPulseは、JINSの国内向けオンラインショップの日々の運用で活用されている。あるページでは最長で10秒かかっていた表示が4秒まで短縮できるなど、コンバージョン率の向上にも有意な改善が認められた。また必要なデータ収集や分析に伴う煩雑な手作業も不要になり、IT部門の負担も大幅に軽減されたという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]