編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ウチダスペクトラム、ソフトウェア資産管理サービス拡充--SAM N@VIでIT投資最適化を支援

日高彰

2009-09-08 21:23

 ウチダスペクトラムは9月8日、ソフトウェア資産管理(Software Asset Management:SAM)サービスを拡充し、コンサルテーションの実施からツールの導入、運用などを含むワンストップサービス「SAM N@VI」(サム・ナビ)を新たに提供すると発表した。500台以上のPCを保有する企業を対象に、向こう1年間で20社、2億円の販売を見込む。

ソフトウェア資産管理は不正使用対策に加えIT投資最適化の面も

 ライセンスを取得していないソフトウェアが企業内で不正に使用されていることが発覚した場合、多額の損害賠償請求や信用失墜を招き、企業の存続を左右する事態になりかねない。そのため、企業の管理部門は社内でどのようなソフトウェアが、どれだけ使用されているかを正確に把握する必要がある。

 また、そのようなリスク対応、法令遵守という観点以外でも、社内に未使用のライセンスが余っていながら、それを知らない現業部門が同じソフトウェアを購入してしまうといったことを防ぐ必要がある。つまり、IT投資の最適化という観点からも、ソフトウェア資産の適切な管理が求められる。このような需要に応えるのがSAMサービスだ。

 ウチダスペクトラムではこれまでもSAMを支援する管理ツールや、SAMプロセス策定にあたってのコンサルティングサービスなどを提供してきたが、今回のSAM N@VIはそれら個別の製品やサービスを組み合わせ、SAMプロセスの計画、実行、評価、見直しの全サイクルにわたってユーザー企業をサポートする。

SAMプロセスの計画、実行、評価、見直しの全サイクルにわたってユーザー企業をサポートする(画像をクリックすると拡大します) SAMプロセスの計画、実行、評価、見直しの全サイクルにわたってユーザー企業をサポートする(画像をクリックすると拡大します)

SAMの評価基準は「ソフトウェア資産管理評価基準Ver2.0」

 SAMがどれたけ適切に行われているかの評価には、ウチダスペクトラムや大手ソフトウェアベンダーらが加盟するNPO法人、ソフトウェア資産管理コンソーシアムが定めた「ソフトウェア資産管理評価基準Ver2.0」を用いる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]