編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
Microsoft Build

マイクロソフトのナデラCEO、「次世代のWindows」に関する詳細を「近いうちに」

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)

2021-05-26 10:57

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏は、年次開発者会議「Microsoft Build」の基調講演で、「Windows 10」で「過去10年間で最も重要なアップデートの1つ」を計画していると話した。今日のWindows開発者にさらなる機会を生み出すとともに、最も革新的で新しいオープンなプラットフォームを求め、アプリケーションを開発、提供して、マネタイズしようとしているすべてのクリエイターを歓迎すると述べた。詳細を明らかにしなかったものの、「近いうちに」を発表するという。また、13億人以上のユーザーが「Windows 10」を利用していると話した。

 「私はこの数カ月間使ってきたが、次世代のWindowsに信じられないほど興奮している」(Nadella氏)

 次世代のWindowsについて、Nadella氏は以前、WindowsとPCを「強化する」としていたが、それ以外にはさほど多くのことが明らかにされていない。新バージョンに関するうわさでは、開発コード名「Cobalt」や、ユーザーインターフェース(コード名「Sun Valley」)のアップデートについて報じられており、デザインの「再活性化」やモダナイズを意図しているとみられている。MicrosoftがこれまでにWindowsの外観を大幅に変更したのは、「Windows 8.1」の後継として2015年にリリースした「Windows 10」が最後だ。同社はWindowsの新たなアップデートをリリースする時期を明らかにしていないが、米ZDNetによると、2021年下半期を目標にしているという。

 Microsoft Build 2021はオンラインで開催されている。

Surface Laptop
提供:Sarah Tew/CNET

 Nadella氏は、さまざまな業界や地域で開発者が増加しており、これまでの2年間で、技術系の企業よりも非技術系の企業で開発者数の増加ペースが速かったと述べた。農業、消費財、エネルギー、金融、ウェルネスなどの業界で開発者の雇用が最も急速だったと話した。自動車産業では2020年、機械系のエンジニアよりソフトウェアエンジニアの雇用が多かったという。

 また同氏は、「私たちの野心は、プラットフォームクリエイターのためのプラットフォームとなることだ」と述べた。Microsoftは、開発者が独自のイノベーションを生み出せるよう支援したいと考えており、そのようなことが「私たちのミッションの中核」にあると話した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]