編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

NECと大塚商会、AIによる中小企業経営分析を共同開発

ZDNet Japan Staff

2021-06-17 12:23

 NECと大塚商会は6月17日、人工知能(AI)を用いて中小企業の各種経営指標を分析するサービスを開発したと発表した。大塚商会が21日から「大塚商会dotData AI分析サービス」の名称を提供を開始する。

 このサービスでは、NECが米国に設立したdotDataの開発するデータサイエンスプロセス全体を自動化するAIソフトウェアを大塚商会が使い、AI分析の適用可否判断を行うAIモデルの生成および評価の作業を支援する。その後に企業が保有する各種経営指標データなどを大塚商会が分析し、分析結果をレポートで伝える。大塚商会が生成したAIモデルは、大塚商会が運営するdotDataの環境を通じて継続利用できる。大塚商会はレポート以外に、オプションで中小企業診断士による経営相談サービスも提供する。

 料金は、AIモデルの生成と評価が100万円から、AIモデルの継続利用については「回数契約」型(基本料年額5万円および回数利用料1回につき5万~10万円)および「月間利用契約」型(基本料年額5万円および月額利用料10万~50万円)を用意する。中小企業診断士のオプションサービス料金は個別見積り。

 NECと大塚商会は2022年末までに100社への販売を目標にしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]