編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
調査

クラウドへの投資から十分な価値を得られているか--米企業の経営幹部の認識は

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-06-17 14:33

 PwCの新たな調査によると、さまざまな分野のビジネスリーダーとテクノロジーリーダーは、企業が成長する上でクラウドコンピューティングが不可欠なものだという共通認識を持っている。しかし、クラウドへの投資から実質的な価値を実現できていないという回答が半数以上に達した。

PWC US Cloud Business Survey

 PwCはこの調査で、経営幹部がクラウドに関して認識している価値と実現できている価値にギャップが生じている理由や、そのギャップを埋める方法について取り上げている。幹部はその役割により、クラウドコンピューティングで達成したい目標が異なることが明らかになっており、まずは目標について足並みをそろえる必要がありそうだ。

 PwC USの副アドバイザリーリーダーJenny Koehler氏は米ZDNetに対し、「クラウドは、多数の組織のデジタルファブリックを変え続けているが、そうした中、私たちの顧客で首尾よくクラウドを活用できているのは、市場で差別化したり、自社業界で価値を引き出したりする機能に、集中的に投資している企業だ」と述べた。「さらにそうした企業は、最適なかたちで成功できるよう、ベースとなるクラウド技術だけでなく、運用モデル、プロセス、エンドユーザーの体験的要素などを含め、包括的なアプローチを取っている」(同氏)

 PwCは、初となる「US Cloud Business Survey」を5月上旬に実施した。調査対象者は、金融サービス、テクノロジーおよびメディア・通信、医療、エネルギー、コンシューマー市場、工業製品など6分野の米国における公開企業と非公開企業の経営幹部524人だ。最高情報責任者(CIO)、最高技術責任者(CTO)、最高情報セキュリティ責任者(CISO)などのテクノロジー分野のリーダーのほか、最高執行責任者(COO)、最高財務責任者(CFO)、最高人事責任者(CHRO)、最高リスク責任者(CRO)、取締役など、さまざまな上級管理職の幹部にとって、クラウドがどのような意味を持つのか取り上げた。

 調査から、ほとんどの幹部がクラウドに関する意思決定に責任を負っていることが分かった。回答者の74%がクラウド戦略に、70%がクラウド関連の人材やスキルアップの意思決定に関与している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]