編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

「Windows 10 21H1」、さらなるデバイスを自動アップデートの対象に

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-06-24 13:41

 「Windows」ファンは「Windows 11」のうわさに注目しているかもしれないが、Microsoftは米国時間6月22日、「Windows 10 21H1」(May 2021 Update)のロールアウトで新しいフェーズを開始したと明らかにした。

 Microsoftは通常、新バージョンの「Windows 10」を正式リリースした後、数カ月後に提供範囲を拡大するが、21H1は22日時点でこのプロセスを開始しているようだ。

 Windows 10 21H1は5月に提供が開始された。2022年12月13日にサポートが終了する。「更新プログラムのチェック」を自分でクリックしてWindows 10の機能アップデートを入手する「seeker」(更新プログラムを自ら望んでインストールしようとする人)に提供されているが、すべてのWindows 10 PCに自動で提供されているわけではない。

 Microsoftによると、同社の最新の機械学習モデルを利用し、さらなるWindows 10 PCに自動で更新プログラムを提供できるようになった。

 Microsoftは、リリースの正常性に関するページで次のように説明している。

 「これまで進めてきた機械学習のトレーニングを利用し、サービスの終了が近づくWindows 10 バージョン21H1への自動アップデートの対象となるデバイスの台数を拡大している。今後もすべての段階で機械学習のトレーニングを継続し、スムーズなアップデート体験を提供する」(Microsoft)

 Microsoftによると、今回のアップデートは依然seekerが対象となるようだ。21H1は、「Windows 10 バージョン20H2、バージョン2004が動いているデバイスで、Windows Updateより手動で『更新プログラムのチェック』を選択しているユーザー向けに提供される」という。

 Windows 10 バージョン2004(「May 2020 Update」)は2021年12月14日にサポートが終了する。

 Microsoftは次世代のWindowsを24日のイベントで発表する予定だ。次期版は「Windows 11」になるとみられ、「Sun Valley」によるユーザーインターフェースの刷新などが予想されている。流出したWindows 11のビルドなどから、開発が中断された「Windows 10X」のビルドに似ているとの見方もある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]