編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

電通デジタル、LINEアカウントによる集客サービス向けの機能を開発--APIツールの複数接続を実現

NO BUDGET

2021-07-27 07:00

 電通デジタルは、LINE公式アカウントで多様なコミュニケーションが可能になる新規顧客獲得/既存顧客育成支援サービス「BOT BOOSTaR(ボットブースター)」向けに、複数のAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)ツールを連携できる新機能「チャネル・エミュレート機能」を開発した。

 BOT BOOSTaRでは、LINE公式アカウント上で自由なサイズの静止画/動画素材、アンケートの回答ボタン、カルーセル表示、日付選択ボタンを表示した上での予約日時入力など、さまざまなフォーマットでメッセージを配信することができる。

 また、アカウント内の行動データに応じた配信メッセージの出し分けや、LINE Beaconを活用した店舗来訪者へのウェルカムメッセージ配信など、シナリオに応じた1to1のターゲティングが可能となる。

 さらに、トーク内アンケートの回答やLINE Beaconへの接触状況、メッセージのクリックといったアカウント内の行動データは、個人を特定しない形でBOT BOOSTaRを通じて外部のBI(ビジネスインテリジェンス)ツールと連携できる。

 チャネル・エミュレート機能では、柔軟かつ迅速にコミュニケーションできる機能、あらゆる書類や画像を素早くテキスト化する機能、混雑状況などの一覧表示など、さまざまな機能を複数組み合わせた実装が可能となる。

 またチャネル・エミュレート機能を活用し、LINEの人工知能(AI)を活用したチャットボットサービス「LINE CLOVA Chatbot」とも連携した。

 自然言語処理を用いたAI応答を行うLINE CLOVA Chatbotの特徴を生かし、漠然としたユーザーの質問にも的確に回答できるという。また、LINE CLOVA Chatbotは他のAIツールに比べて正答率が84.7%と高い精度結果が出ており、簡単な問い合わせなど、より的確な返答が可能になる。これにより、オペレーション負荷の軽減、ユーザーの商品理解促進、ブランドへの評価向上が期待される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]