編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」
松岡功の一言もの申す

セールスフォースによるSlack買収完了にIBMトップがメッセージを送った意味とは

松岡功

2021-07-29 11:01

 Salesforce.comがかねて進めていたSlack Technologiesの買収手続きが完了した。その発表リリースを見ると、買収に直接関係のないIBMのトップからのメッセージが記されている。これはいったいどんな意味があるのか。

買収完了に伴いSalesforceとSlackの両CEOが語った言葉とは

 Salesforceが米国時間2020年12月1日に表明したSlackの買収について、2021年7月21日にその手続きが完了したと発表した。277億ドル(約3兆円)という買収額にも表れているように、まさしく勢いのある両社のダイナミックな動きが注目を集めている。

SalesforceとSlackの統合を示したイラスト(出典:Salesforce.com)
SalesforceとSlackの統合を示したイラスト(出典:Salesforce.com)
Salesforce.com 会長 兼 CEOのMarc Benioff氏
Salesforce.com 会長 兼 CEOのMarc Benioff氏

 Salesforce 会長 兼 CEO(最高経営責任者)のMarc Benioff(マーク・ベニオフ)氏は買収完了の発表に際し、「どこからでも仕事ができる世界を実現する先駆的なデジタルプラットフォームを提供するSlackが、CRM(顧客関係管理)のトッププロバイダーであるSalesforceの一員になることを嬉しく思う。SalesforceとSlackは共にエンタープライズソフトウェアの今後を形成し、お客さまと従業員の成功をどこからでも実現可能とする『デジタル本社』を創造していきたい」とコメントを寄せた。

 また、今後も引き続きSlack CEOを務めるStewart Butterfield(スチュワート・バターフィールド)氏も、「私たちはどこでどのように働くかを今一度考え、再構築するという、またとない機会を得ている。SalesforceとSlackは、このデジタルファーストの世界への歴史的な移行を主導していく立場にいる。今後の展開に大いに期待している」とコメントしている。

 こうした買収や戦略的提携に関する発表の際は、両社のトップが発信するコメントが、その動きの核心を突いているケースが多い。今回はBenioff氏もさることながら、Butterfield氏のコメントに今回の動きの大いなるポテンシャルを感じさせられた。

IBM CEOのArvind Krishna氏(出典:IBM)
IBM CEOのArvind Krishna氏(出典:IBM)

 さらに、今回の発表リリースを見ると、もう一人、買収完了に祝辞とも取れるメッセージを送っている人物がいる。IBM CEOのArvind Krishna(アービンド・クリシュナ)氏だ。今回の買収を巡る動きについては直接の関係がないIBMのトップがメッセージを送っているのはどんな意味があるのか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]