編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

HP、リモートアクセスソリューションのTeradiciを買収へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-07-29 12:27

 HP Inc.は米国時間7月27日、Teradiciを買収する契約を締結したと発表した。Teradiciは、リモートコンピューティングソフトウェアによって、さまざまなPCやタブレットからハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)を利用できるようにしている。買収条件は明らかにされていない。

Teradici

 この買収は、リモートコンピューティングを中心に据えたハイブリッドワーク環境を実現するHPの広範な計画の一環となる。リモートデスクトップソフトウェアは、コロナ禍で重要な役割を果たしており、今後もハイブリッドワークモデルの一翼を担い続けていくだろう。

 HPは、物理ワークステーションへのリモートアクセスが可能な「ZCentral Remote Boost」ソフトウェアで、エンジニア、アニメーター、編集者のほか、ハイパフォーマンスコンピューティングのユーザーなどのプロフェッショナルがリモートワークやハイブリッドワークを実現できるようにしている。クラウドPCや仮想ワークステーションに焦点を当てているTeradiciのテクノロジーと組み合わせる計画だ。

 「Teradici CAS(Cloud Access Software)」はPC-over-IP(PCoIP)プロトコルを使用し、世界で1500万以上のエンドポイントとの接続を実現している。このシステムは、PCoIPエージェントと、コネクションを提供する「CAS Manager」、エンドポイントのクライアントから構成されている。Teradiciの仮想ワークステーションエコシステムでは、Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud、Microsoft Azureなどのクラウドプロバイダー、NVIDIA、Adobe、Autodesk、Dell、VMware、HP、Hewlett-Packard Enterprise(HPE)などがパートナーとなっている。

 買収は2021年第4四半期に完了する見通しだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]