編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ServiceNow、屋内マッピングのMapwizeを買収へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-08-12 13:43

 デジタルワークフロー企業のServiceNowは米国時間8月11日、屋内マッピング企業の仏Mapwizeを買収することで合意したと発表した。ServiceNowは、成長に伴ってタックイン買収を次々と進めている。

 同社はMapwizeの買収により、ハイブリッド勤務体制でのオフィス空間を用意する際、従業員向けに屋内マッピングを提供する。企業がオフィスのレイアウトを変更する際も、フロアマップの管理や更新にMapwizeを役立てられる。Mapwizeの機能は、「Now Platform」と「Workplace Service Delivery Suite」に組み込まれる予定だ。

 ServiceNowは先週、データベースアクセラレーション企業Swarm64の買収も発表している。

 Mapwizeの屋内マッピングソフトウェアは、教育、医療、小売、交通、イベント、ホスピタリティーなど複数の業界で使われている。同社はTableau SoftwareやMicrosoftにも、マップコンテンツの管理や屋内測位システム、開発者向けツール、屋内可視化を提供している。

 Mapwizeのウェブサイトによると、顧客は建物の詳細情報や初期設定の言語を入力できるという。すると、APIアクセスのほか、その場所の管理や編集ができるダッシュボードを利用できるようになる。フロアマップは、POI(Point of Interest:地図上の特定の場所)や使い方の説明、ガイドとともに、ドラッグ&ドロップ式のインターフェースを通じて追加やインポートが可能だ。

Mapwizeのソフトウェア
Mapwizeのソフトウェア
提供:Mapwize

 買収は2021年第3四半期に完了する見通しだ。買収条件は明らかにされていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]