AWS、EC2インスタンス「M6i」を提供開始--インテル「Ice Lake」を搭載

Chris Duckett (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-18 14:07

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間8月16日、「Amazon EC2」の「M6i」インスタンスを提供開始したと発表した。このインスタンスは、Intelの「Intel Xeon Scalable Processor」(開発コード名:「Ice Lake」)を搭載するとともに、「Total Memory Encryption」機能を活用している。

提供:Intel
提供:Intel

 AWSによると、M6iインスタンスのパフォーマンスは「M5」インスタンスと比較すると、価格性能比は15%高く、ネットワーク速度は2倍になっているという。

 AWSは「m6i.32xlarge」という新たなインスタンスサイズを用意した。このインスタンスは、128基の仮想CPU(vCPU)と512GiBのメモリーを搭載しており、これまでで最大だったM5インスタンスよりもvCPU、メモリーともに33%増強されている。また、vCPUあたりのメモリー帯域幅も「Elastic Fabric Adapter(EFA)」によって20%向上している。m6i.32xlarge以外のM6iインスタンスのvCPUは、2または4、8、16、32、48、64、96基から選択できる。

 m6i.32xlargeは、ネットワーク速度が50Gbpsであり、「Amazon Elastic Block Store」への帯域幅は40Gbps、vCPUが2または4、8、16のインスタンスの帯域幅は10Gbpsだとされている。

 M6iインスタンスは、米国東部と米国西部、欧州(フランクフルト)、欧州(アイルランド)、アジアパシフィック(シンガポール)で同日より、オンデマンド購入やSavings Plans、リザーブドインスタンス、スポットインスタンスで利用可能となっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]