編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

「Google Meet」向けデバイス2機種が登場--会議室とデスクに対応

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2021-09-09 12:16

 ハイブリッドおよびリモート形式の勤務形態は、新型コロナウイルスのパンデミックが終息したのちも新たな常識になるとみられる。そんな中、GoogleはAvocorと連携し、対面およびリモートの会議を効率化する2つのデバイス、「Google Meet Series One Desk 27」と「Google Meet Series One Board 65」を投入する。この両製品について、インタラクティブディスプレイのメーカーであるAvocorが米国時間9月8日に最新情報を明らかにした

「Google Meet Series One Desk 27」と「Google Meet Series One Board 65」
提供:Avocor

 この2つはどちらもタッチ操作に対応したビデオ会議用デバイスで、Googleが2020年9月に発表したビデオ会議システム「Google Meet Series One」に加わる最新の製品となる。Googleはこれまでレノボをパートナーに、カメラ、サウンドバースピーカー、タッチスクリーンのリモコンなど、「Zoom」のライバルであるGoogle Meetに対応したハードウェアを発売してきた。そして今回、このシリーズにデスクトップや共同会議スペースに向けた、Avocor製の2種類のビデオ会議デバイスが加わる。

 Series One Desk 27は、27インチのGoogle Meet向けタッチスクリーンデバイスで、デスクモニター、ノートPC向けドッキングステーション、さらにはデジタルホワイトボードとして利用可能だ。想定されているのは、1~2人が同室でデスクワークを行う環境だ。ユーザーは、USB-CポートにノートPCをつなぐだけで、Series One Desk 27に搭載されたカメラ、マイク、スピーカー、タッチスクリーンを利用できる。Google Meetには「Googleカレンダー」が組み込まれているので、次の会議の予定はすでに画面に表示されている。そのため、Series One Desk 27に表示された予定をタップするだけで会議を始められる。「ねぇGoogle、会議を始めて」と話しかけることでも可能だ。このデバイスはGoogle Meet向けに最適化されているが、Zoomや「Microsoft Teams」など、ほかのビデオ会議サービスでも利用できる。

 Series One Board 65は、動画を通じたグループコラボレーションやブレインストーミング向けに設計された、65インチのデバイスだ。会議を始める方法はDesk 27と同様だ。ディスプレイはデジタルホワイトボードを兼ねており、出席者はアイデアをスタイラスや指で書き出したり、図示したりできる。Board 65は高出力のステレオスピーカー、マイク、カメラ、スタイラスを搭載している。

 Series One Desk 27は価格が1999ドル(約22万円)で、2021年第4四半期の発売が予定されている。Series One Board 65の予定価格は6999ドル(約77万円)で、発売は2022年第1四半期になる見通しだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]