編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

セールスフォース、「Einstein Automate」にRPA機能を追加

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-09-17 14:16

 Salesforceは米国時間9月17日、「Einstein Automate」用の新しいRPA(ロボティックプロセスオートメーション)ツールを発表した。Einstein Automateは、組織的なプロセス自動化、ワークフロー構築、データ統合に役立つツールのポートフォリオだ。

 新しいツールは、「MuleSoft RPA」「Einstein Document Reader」「Digital Process Automation」の3つ。

 Salesforceは業務プロセスの支援を強化するため、2020年に「Customer 360」戦略の一部としてEinstein Automateを発表した。Einstein Automateは、顧客が技術的背景に関係なく使用できるローコードツールで構成されており、ユーザーが独自のワークフローを構築するのに役立つローコードツールに加え、あらかじめ用意された多数の業界固有のワークフローも提供する。

 Salesforceのローコードツールは成長を続けている。7月の時点で、Salesforceプラットフォームで実行されるローコードの自動ワークフローの数は、前年比41%増だ。

 MuleSoft RPAでは、反復的なタスクをボットに置き換えることができる。ボットはユーザーに代わってドキュメントをインテリジェントに処理したり、データを入力したり、アクションを実行したりすることが可能だ。ボットはPDF、スプレッドシート、つながっていないレガシーシステムなど、あらゆるシステムやアプリケーションで機能する。

 Einstein Document Readerでは、運転免許証や就労資格証明書などの文書をスキャンし、Salesforce Flowで数回クリックするだけで、そのデータに対してアクションを実行できる。

 Digital Process Automationでは、ドラッグアンドドロップでドキュメントから情報を抽出し、自動化されたワークフローにノーコードで統合することができる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]