Dreamforce

セールスフォース、「Einstein Automate」発表--ワークフロー自動化を支援

Larry Dignan (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2020-12-03 13:28

 Salesforceは米国時間12月2日、ワークフローの自動化や、データ統合を容易に実現する「Einstein Automate」を発表した。Salesforceは同日より、オンラインで「Dreamforce to You 2020」を開催している。

 Einstein Automateは、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)とMuleSoftのツールを組み合わせ、アプリ間の接続や、ワークフローのオーケストレーションを実現するサービスのようだ。Salesforceが企業の業務プロセスを支援する上で、「Salesforce Customer 360」をいかに活用しようとしているかが浮き彫りとなっている。

 Einstein Automateは、Slack買収の背景にある、最高経営責任者(CEO)Mark Benioff氏のビジョンを補完するものでもある。

 ローコードワークフロー開発ツール「Flow Orchestrator」は、Einstein Automateを構成する重要なパーツだ。人工知能(AI)を使用し、プロジェクトやプロセスを効率化する。また、ドラッグ&ドロップインターフェースを用いて、複雑なマルチユーザープロセスや承認作業を自動化する業務プロセスをユーザーが作成できる。

 「MuleSoft Composer for Salesforce」は複数のアプリやデータフローを接続し、あらかじめ用意されたコネクターやテンプレートのライブラリーを活用することで、ワークフローの迅速な自動化を可能にする。

 「Salesforce AppExchange」では、同社のノーコードツールである「OmniStudio」のほか、700を超える自動化ツールが提供されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]