編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
Dreamforce

セールスフォース、「Einstein Automate」発表--ワークフロー自動化を支援

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-12-03 13:28

 Salesforceは米国時間12月2日、ワークフローの自動化や、データ統合を容易に実現する「Einstein Automate」を発表した。Salesforceは同日より、オンラインで「Dreamforce to You 2020」を開催している。

 Einstein Automateは、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)とMuleSoftのツールを組み合わせ、アプリ間の接続や、ワークフローのオーケストレーションを実現するサービスのようだ。Salesforceが企業の業務プロセスを支援する上で、「Salesforce Customer 360」をいかに活用しようとしているかが浮き彫りとなっている。

 Einstein Automateは、Slack買収の背景にある、最高経営責任者(CEO)Mark Benioff氏のビジョンを補完するものでもある。

 ローコードワークフロー開発ツール「Flow Orchestrator」は、Einstein Automateを構成する重要なパーツだ。人工知能(AI)を使用し、プロジェクトやプロセスを効率化する。また、ドラッグ&ドロップインターフェースを用いて、複雑なマルチユーザープロセスや承認作業を自動化する業務プロセスをユーザーが作成できる。

 「MuleSoft Composer for Salesforce」は複数のアプリやデータフローを接続し、あらかじめ用意されたコネクターやテンプレートのライブラリーを活用することで、ワークフローの迅速な自動化を可能にする。

 「Salesforce AppExchange」では、同社のノーコードツールである「OmniStudio」のほか、700を超える自動化ツールが提供されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]