ServiceNow、インドのRPA企業Intellibotを買収へ

Natalie Gagliordi (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2021-03-24 12:42

 ServiceNowは米国時間3月23日、インドのハイデラバードに拠点を置くRPA(ロボティックプロセスオートメーション)企業Intellibotを買収する契約を締結したと発表した。買収の金銭的条件は明らかにされていない。

 ServiceNowは今回の買収によって、同社の中核ワークフロー機能を拡充し、顧客の繰り返し作業をエンドツーエンドでの自動化で支援していくとしている。Intellibotの機能を「Now Platform」にネイティブに組み込むことで、顧客がモダンなシステムとレガシーシステムの双方を容易に統合できるようにしようとしている。

 ServiceNowは最近、Now Platformの「Quebec」リリースの提供を開始した。Intellibotによってこのプラットフォームの機能が補完され、既存の人工知能(AI)や機械学習(ML)、統合やローコード開発、プロセスマイニング、プロセスの自動化、自然言語翻訳(NLX)、チャットボット、バーチャルエージェントといった機能が強化されると述べている。Now Platformは、レガシーシステムの統合や、大企業のワークフローやプロセスの向上などで利用されている。

 元SAPの最高経営責任者(CEO)Bill McDermott氏が率いるServiceNowは、さまざまなAI企業を買収し、Now Platform内のテクノロジーと専門性を強化してきた。これまでに、Element AI、Loom Systems、Passage AI、Sweagleを買収している。同社はNow Platformでこれらのテクノロジーを組み合わせ、デジタル変革イニシアチブに取り組むための包括的なツールボックスを提供していると述べている。

 またServiceNowは、Intellibotの買収は、インドの拠点を拡大することにつながるとしている。インドは同社の最も成長の早い市場の1つとなっている。同社はインドで2022年第1四半期までに新たな2つのデータセンター施設を構築するほか、3年以内にインドでスタッフを倍増する計画だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]