編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ヴィーム、バックアップソフトの新版提供--クラウドネイティブを強化

ZDNet Japan Staff

2021-10-06 14:32

 ヴィーム・ソフトウェアは10月6日、バックアップソフトウェア製品の最新版となる「Veeam Backup & Replication v11a」を発表した。各種仮想化環境やIaaSへの対応を強化し、10月末から一般提供する。

 Veeam Backup & Replication v11aは、2月にリリースしたv11のアップデート版で、新たに、Windows 10 21H1とWindows Server 2022、VMware vSphere 7.0 U3などのプラットフォームをサポートし、継続的なデータ保護としてVMware VSANやVMware Virtual Volumesのサポートも強化。ストレージのデータを1つの統合ソリューションでバックアップとリカバリーと目標通り行えるよう支援する。

 この他に、Amazon Elastic File System(Amazon EFS)とAzure SQLデータベースのネイティブなバックアップとリカバリーがサポートされ、スクリプトが不要なポリシーベースの自動運用を可能とする。データアーカイブでは、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3) GlacierとS3 Glacier Deep Archive、Azure Archive Storage、Google Cloud Archive storageを新たにサポートし、データアーカイブコストを最大50分の1に削減できるという。

 また、KastenによるKubernetesクラスターのコンテナーを保護する「Kasten by Veeam K10」を提供し、ハイパーバイザーのサポートではRed Hat Virtualization環境のバックアップと、Nutanix AHVのインスタントリカバリーが追加された。監視・分析機能では、IBM AIXとOracle Solarisにおけるデータの保護と一元的な監視ができるようになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]