編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

コージェントラボ、インテリジェントドキュメント処理サービスを発表

ZDNet Japan Staff

2021-10-27 14:01

 AI-OCR(人工知能による光学文字認識)技術を手がけるコージェントラボは、インテリジェントドキュメントプロセッシング(IDP)のクラウド新サービス「SmartRead」を12月に開始すると発表した。

 SmartReadは、従来の定型文書に加えて、さまざまな文書の中からユーザーの業務などに関する情報の抽出と確認、修正、管理の機能を提供する。情報の抽出には、同社のAI-OCRサービス「Tegaki」の文字認識エンジンを活用しており、新たにJIS非漢字もサポートする。

 文書の仕分け機能やドキュメント内の全ての文字を読み取る全文OCR機能、検索可能なPDFファイルとして出力する機能も備える。また、ユーザーの業務の流れに応じてドキュメントの仕分け、文字認識、出力までをタスクとして設定、実行できるほか、グループや権限の管理機能も提供する。APIを用意し、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)などのアプリケーション連携も可能にするとしている。

 12月のサービス開始以降には、ユーザーが抽出したい項目や情報を指定できる機能や、ドキュメント処理を自動化するための機能などを順次強化するほか、オンプレミス版製品も計画している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]