編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

プルーフポイント、クラウドセキュリティ基盤の国内提供を開始

ZDNet Japan Staff

2021-11-24 14:59

 日本プルーフポイントは11月24日、情報漏えい対策と内部脅威管理を組み合わせた新しいクラウドセキュリティ基盤の国内提供を開始したと発表した。この種では市場初のクラウドネイティブなセキュリティソリューションだとしている。

 今回の新基盤は、アクセス制御、情報漏えい対策、内部不正などの脅威に対応するための管理・対応機能を搭載する。同社では、グローバルなサイバーセキュリティ脅威、コンテンツおよび振る舞いの検出に、「人」を中心としたセキュリティ脅威の可視化、ウェブおよびクラウド、プライベートアプリケーションでのアクセス制御を提供すると説明する。

 同社は毎日22億以上のメールや350億以上のURL、2億以上の添付ファイル、3500万以上のクラウドアカウントなどを分析しているという。今回の新基盤によりユーザーは、プルーフポイントが提供する情報保護とクラウドセキュリティプラットフォームで収集したテレメトリーデータなどを日本で保存できるようになった。ユーザーは1つのポータルでプルーフポイントがサポートする日本を含む地域でのデータ保存することにより、セキュリティ製品のデータ保持要件や各種プライバシー関連法規制に対応できるようになるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]