編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

アマゾンで障害、多数のウェブサイトやアプリに影響

Laura Hautala (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2021-12-08 07:40

 Amazon Web Services(AWS)で米国時間12月7日に障害が発生し、複数のウェブサイトやアプリを一部のユーザーが利用できない状態になった。AWSでは、「Disney+」「Robinhood」「Barclays」「Slack」などのサービスに処理能力やストレージを提供している。今回の障害では、ワシントンDCやニューヨーク市を含む米国東海岸の地域に障害発生の報告が集中していた。

AWS
提供:Angela Lang/CNET

 障害に関するデータを収集するDown Detectorには、7日の米国東部時間正午前の時間帯に、AWSを利用するサイトの障害報告が1万1000件以上まで急増している様子が示されている。

 システムアクティビティーをモニタリングするためのAWSのステータスページには、同社のバージニアにある施設で発生した問題がUS-EAST-1リージョンに影響を与えていると記載されている。その問題は、企業がウェブサイトやアプリを運用するために使用する、複数のAWS製品に影響を与えたようだ。

 「根本原因を特定済みで、復旧に向けて鋭意対応している」と更新情報には記されている。

 Down Detectorには、数十件のサービスの障害報告も示されているが、そのすべてがAWSの障害が始まった時間から発生している。Amazonそのものに加えて、傘下のサービスである「Ring」「Prime Music」「Alexa」「Chime」や、TicketMaster、Google、McDonald's、Venmo、Cash App、そして米社会保障局のオンラインアカウント用ポータルであるMy Social Securityなども、7日の午前11時頃から障害に見舞われている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]