編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

国内デジタルマーケティング関連サービス市場、2020年は4305億円規模に

ZDNet Japan Staff

2021-12-21 15:00

 IDC Japanは12月21日、国内デジタルマーケティング関連サービス市場における2020~2025年のセグメント別/産業分野別の市場予測を発表した。同市場は、企業のデジタルマーケティングをITとビジネスの側面から支援するサービスなどを対象としている。

 同社によると、2020年の市場規模は、前年比2.6%増の4305億円だった。また、2020~2025年の年間平均成長率(CAGR)を7.2%、2025年の市場規模を6102億円と予測している。

 同市場をITサービスとビジネスサービスの2つの領域に分けた場合、IDC Japanは前者について、マーケティングプラットフォームの導入需要および周辺システムとの連携開発やデータ統合の需要に支えられることで、2020~2025年にCAGR3.2%で成長し、2025年に2296億円になると予測する。後者についてはビジネスコンサルティングサービス需要の高まりを背景として、2020~2025年にCAGR10.2%で成長し、2025年に3806億円になると予測している。

国内デジタルマーケティング関連サービス市場 支出額予測:2020~2025年、出典:IDC Japan、2021年12月(2020年は実績推定値、2021年以降は予測、支出額は百万円)
国内デジタルマーケティング関連サービス市場 支出額予測:2020~2025年、出典:IDC Japan、2021年12月(2020年は実績推定値、2021年以降は予測、支出額は百万円)

 2020年の支出額を産業分野別で見た場合、最大は1000億円超の金融で、製造と流通が続くという。金融では、実店舗を含めた顧客接点の変革、非対面や非接触の顧客接点経路(チャネル)の活用が進んでいるという。流通では、オンラインから実店舗などへの顧客の誘導(O2O)とオンラインや実店舗を含めた顧客とのやりとり(OMO)の連携、キャッシュレス決済に連動したマーケティング、顧客起点のデータ統合などが成長分野になり。製造ではマーケティング業務の自動化(MA)ツールと営業支援システム(SFA)の連携に取り組む企業が増えているという。

 今回の予測について同社ITサービス リサーチマネージャーの木村聡宏氏は、「サービス事業者は、顧客接点を起点とした変革を進める手段としてデジタルマーケティングを用い、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を横断的に支援すべきである」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]