編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

マイクロソフトのセキュリティプロセッサー「Pluton」搭載「Windows 11」PC、今年登場へ

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-01-05 13:42

 Microsoftは2020年11月、セキュリティプロセッサー「Microsoft Pluton」を発表し、将来的にはすべての「Windows 10」PCに搭載されるようにしたいとしていた。そして米国時間1月4日、同社のOEM企業として初めて、LenovoがPlutonを搭載するPCを実現すると発表した。

First Microsoft Pluton-powered Windows 11 PCs to start rolling out this year
提供:Lenovo

 Lenovoが「CES 2022」で披露した「AMD Ryzen 6000」ベースの「ThinkPad Z」シリーズノートPCは、Plutonプロセッサーを搭載し、「Windows 11」がプレインストールされている。このシリーズのノートPCは2022年5月に出荷が開始される予定だ。Plutonセキュリティプロセッサーのファームウェアは、「Windows Update」でアップデートできるようになる。Microsoftによると、「ThinkPad Z13」と「ThinkPad Z16」では、PlutonがWindows 11のTPM(Trusted Platform Module)2.0として構成される場合、デバイスを攻撃者から遠ざけておくことで、Plutonは「Windows Hello」の認証機能を保護できるようになる。これらの新たなThinkPadでは、PlutonをTPMとして使用し、物理的な攻撃から暗号鍵を保護できる。

 Microsoftは、Linuxをベースにした同社のマイクロコントローラーOSなどで構成される「Azure Sphere」と、「Xbox」でPlutonを先行採用している。同社は1月4日付けのブログで、Plutonは3つの形態で構成可能だと説明した。TPMとして構成する、TPM非搭載時にプラットフォームのレジリエンシーを高めるようなシナリオにおけるセキュリティプロセッサーとして構成する、デバイス内に搭載し、OEM企業がプロセッサーを無効化した状態で設定して出荷するという3つだ。

 同社によると、「Windows」はPlutonを使用して、他のハードウェアセキュリティコンポーネントとセキュアに統合し、プラットフォームの状態に関するさらなる可視性をWindowsのエンドユーザー、そしていずれはIT管理者に提供できるようになる。WindowsユーザーやIT管理者は、ゼロトラストの条件付きアクセスのワークフローで利用可能な新しいプラットフォームのレジリエンスシグナルを得られるようになるという。また、このようなシグナルは将来的に、「Microsoft Azure Attestation」サービスを通じて「Microsoft Intune」のようなサービスに伝達されるようになるという。

 Microsoftは、OEMパートナーによるさらなるPlutonのサポートが「今後」実現するとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]