編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

グーグル、「Android」の連携機能を拡大へ--TVやスマートホーム、Windowsにも

Patrick Holland (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)

2022-01-06 15:03

 Googleは米国時間1月5日、2022年のビジョンを「CES 2022」で発表し、「Chrome OS」「Matter」「Windows」「Wear OS」を搭載するデバイスと、「Android」との連携をさらに深める計画を明らかにした。

Google
提供:Google

 その一環として、「Fast Pair」機能をより幅広いデバイスに拡大する。これは2017年に初めて披露された機能で、ウェアラブル機器、ヘッドホン、スピーカーなどとのペアリング設定や素早い接続を可能にするものだ。Googleでマルチデバイスエクスペリエンス担当バイスプレジデントを務めるErik Kay氏は発表の中で、このFast Pairの機能をテレビやスマートホームデバイスにまで拡大すべく取り組んでいることを明らかにした。

 それによると、まず「Chromebook」向けの改良が行われ、Fast Pair対応ヘッドホンを検出してペアリングする作業をChromebookからワンクリックでできるようになるという。また、今後数カ月のうちに、新たに購入したMatter対応スマートホームデバイスを、Fast Pairを使ってホームネットワークや「Google Home」などのアプリに接続できるようになる。さらに、ヘッドホンを「Google TV」OSや「Android TV」OS搭載のデバイスに接続可能になる予定だ。

Fast Pair 提供:Google

 2022年内には、Chromebookの新規設定の際にFast Pairを用いて、Googleへのログイン情報やWi-Fiパスワードといった保存済みの情報を即座に適用できるようになる。

Chromebook
提供:Google

 また、Android搭載のスマートフォンをWindows PCに接続して、Bluetoothアクセサリーの設定、テキストメッセージの同期、ニアバイシェア機能でのファイル共有を行うことも可能になる。Fast PairをサポートするPCは、まずはAcerとHPから2022年内にリリースされる予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]