編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

財務省税関、検査対象の国際郵便物をAIで自動識別--NECが処理システム構築へ

大場みのり (編集部)

2022-01-07 17:45

 財務省税関は、人工知能(AI)を活用して検査対象の国際郵便物をリアルタイムに自動識別するX線画像識別処理システムを導入し、税関検査の高度化・効率化に取り組む。システムの構築を受注したNECが1月7日に発表した。同システムは、国際郵便物の税関手続きを行う外郵出張所において、2022年4月から稼働する予定。

 同システムは、2020年6月に財務省関税局が発表した税関行政の中長期ビジョン「スマート税関構想2020」の施策「先端技術の積極的な導入・利活用」の「AIによるX線検査画像審査支援」の一環として実施される。

 近年、インターネットの普及による越境電子商取引(EC)貨物や個人輸入の増加などに伴い、グローバルで物の移動が増加している。こうした中、税関では国際郵便物の迅速な通関手続きが求められる一方、厳格な水際取り締まりも一層重要となっている。

 国際郵便物の税関検査では従来、国外から届いた郵便物に日本への輸入が禁止・規制されている物品が含まれていないことを確認するため、税関職員によるX線画像の目視確認など人力で検査を行ってきた。今後さらに増加が見込まれる検査業務量に対応するため、新たな高度化・効率化の仕組みが求められていた。

 同システムには、NECのAI技術群「NEC the WISE」の一つ「RAPID機械学習」を使用してNECと財務省が共同開発したAI学習モデルを搭載している。X線検査装置に国際郵便物を通すことでX線画像をリアルタイムにAIが分析・識別し、検査対象となる国際郵便物の1次スクリーニングを実施する。

 これにより、税関職員の業務負荷を軽減しつつ、検査を高度化・効率化することが可能となる。同システムは精度の監視モニタリング機能を搭載しており、取り扱う郵便物の内容が変化してAIの精度が下がらないよう、学習モデルの精度維持・向上を図ることができる。

X線画像識別処理システムのイメージ
X線画像識別処理システムのイメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]