編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ「ジェネレーティブ」
記事まとめ:IT各社の中期経営計画

JALとANA、5G電波影響の可能性で米国便を一部欠航

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2022-01-19 11:09

 日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)、エミレーツ航空などの大手国際航空各社が、米国時間1月19日に予定されている5Gサービス開始への懸念から、米国便の一部を欠航すると発表した。

Emirates Airlines
提供:Emirates Airlines

 JALは、米通信大手AT&TとVerizonが19日に運用を開始する「米国携帯電話用5G信号がボーイング777型機に搭載されている電波高度計に干渉する恐れがある」とボーイングより通知を受けたとしている。同社は、ボーイング787型機への機材変更ができない米国便を欠航する。最新の運行情報はJALのウェブサイトで発着情報検索を利用して確認できる。

 ANAも同様に、ボーイング787型機に変更できない米国便を欠航する。影響を受ける便はANAの「運航状況のご案内」ページで確認できる。

 エミレーツ航空は、サンフランシスコ、ダラス・フォートワース、オーランド、シアトル、マイアミ、ニューアーク、ヒューストン、シカゴ、ボストンへの便が影響を受けるとしている。

 米航空各社は17日、Cバンドの周波数帯を利用した5Gサービスが予定通り19日に開始された場合、航空機の運航に大きな支障が出るとして懸念を表明した。AT&TとVerizonは5Gの導入を進めるが、一部で予定を変更するとしている。

 AT&Tの広報担当者は18日、「一部の空港の滑走路周辺で、少数の基地局の稼働を一時的に延期する」とした上で、米連邦航空局(FAA)が「導入のために責任を持って計画すべきだった2年間を有効に活用してこなかった」と批判した。

 「当社は、航空サービスを混乱させることなく、5G技術を安全に導入するという、これまでに約40カ国が実施してきたことをFAAができないでいる現状に不満を感じており、速やかに対処するよう強く求める」(AT&T)

 Verizonも18日、同様の声明を出している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]