編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

AWS、Elasticとの商標権訴訟が解決--「Elasticsearch」の表現をサイトなどから削除

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 藤本京子

2022-02-21 15:57

 オープンソースの検索・分析エンジンを開発しているElasticが、Amazon Web Services(AWS)に対する商標権訴訟で和解した。訴訟は、AWSが「Elasticsearch」という用語を使用していることに対するものだった。

 Elasticが発表した合意内容によると、Amazonは同社のページよりElasticsearchという用語を削除し、「Elastic Cloud Sold by: Elastic」という表現に置き換えるという。すでにAWS Marketplaceではその表現が使われており、AWSで提供されるこのサービスは、「Elastic on Microsoft Azure」および「Elastic on Google Cloud」と同等の扱いになる。またAWSは、同社の「Amazon Elasticsearch Service」を、「Amazon OpenSearch Service」へと改称している。

 この論争が勃発したのは2021年初頭のことだ。きっかけは、Elasticが検索・分析エンジンであるElasticsearchと、これに関連するデータダッシュボードである「Kibana」のライセンスを、オープンソースのApache 2.0ライセンス(ALv2)から、より限定的なServer Side Public License(SSPL)へと変更したことだった。

 SSPLは、数年前にオープンソースデータベースNoSQLの開発元であるMongoDBが作成したライセンスで、大手クラウドプロバイダーを通じて提供している同製品の収益化に関する問題への対応策として考案されたものだ。

 SSPLへの変更時、Elasticでは、この変更によって「当社のデフォルトディストリビューションを無料で利用している圧倒的多数のユーザーコミュニティ」に影響が及ぶことはないとしていた。確かにその通りなのだが、NetflixやLinkedIn、Walmartなど、AWSユーザーとしてAmazon Elasticsearch Serviceを利用していた企業には影響が出る可能性もあった。

 米ZDNetでSteven Vaughan-Nichols記者が当時解説したように、Elastic on AzureやElastic on Google Cloudは商用パートナーシップによるサービスとなっていたが、Elastic on AWSはそうではなかったのだ。

 Elasticは当時、「今回のライセンス変更は、企業が当社のElasticsearchやKibana製品を、当社との協力関係がないまま直接サービスとして提供することを防ぐ目的がある」としていた。

 Elasticがライセンスを変更した数日後、AWSはElasticsearchとKibanaのフォークを作成する方針を示した。その後、AWSのフォークはOpenSearch Projectへと移行し、2021年7月にはバージョン1.0に到達している。時を同じくしてElasticは、ElasticsearchのPythonクライアントを修正、Elasticsearchのフォークでは使えないようにしたと、The Resisterが報じている

 訴訟は、Elasticがライセンスを変更するよりも前から続いていたものだ。Elasticは同社のプロプライエタリなコードをコピーして製品に利用していた企業に対し、訴訟を起こしていた

 Elasticの最高経営責任者(CEO)であるAshutosh Kulkarni氏は、AWSとの商標権の合意に満足しているようだ。

 Kulkarni氏はブログ記事にて、「このたび、ElasticとAmazonによるElasticsearchという用語に関する商標権侵害訴訟が解決に至ったことをお伝えしたい。これにより、AWSとAWS Marketplace上のElasticsearchサービスは、Elastic Cloudのみになる」と述べている。

 「Elasticsearchは1つしか存在せず、それはElasticが提供するものだ。つまり、AWSやAzure、Google Cloud上でElastic Cloudサービスを使う場合でも、自らElasticsearchをダウンロードして実行する場合でも、最高の体験が得られるということだ。それはユーザーが、この製品を制作した人たちの12年間にもおよぶ絶え間ない開発とイノベーションの恩恵を受けているためだ」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]