編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

アイダ設計、業務デジタル化クラウドで見積依頼の業務時間を3分の1に短縮

NO BUDGET

2022-04-01 11:11

 アイダ設計は、大企業の業務デジタル化を支援するクラウドサービス「SmartDB」を採用した。現場を主体とした業務のデジタル化によって見積依頼の業務時間を3分の1に短縮するなどの効果が出ている。サービスを提供するドリーム・アーツが3月29日に発表した。

 アイダ設計では、これまでの分譲住宅の需要が高かった状況から、コロナ禍以降、注文住宅の需要が高騰していた。 その結果、分譲住宅の案件受注に加えて注文住宅も受注するようになり業務量が急増。特に売り上げに直結し、関連書類が多く発生する「間取見積依頼」業務のデジタル化による改善・効率化が急務になっていた。この業務は関連する各々の部署が業務に必要な情報を紙やExcelで独自に管理していたため、情報格差が生まれ、業務効率や情報共有に問題が生じていたという。

 非IT部門である設計部が中心となり業務アプリ開発を進め、1カ月半で試験運用を開始した。特に効果が現れたのは、店舗や営業本部から起案される申請に対して設計部で行う受付審査業務で、SmartDBの導入後は同業務の全ての作業がデジタルに置き換わり、即日〜1.5日で完了するなど業務リードタイムが約3分の1に短縮しているという。

 従来、受付審査業務は、Excel・紙で回付される申請帳票を目視確認しており、記入ミスや添付資料漏れのチェック、店舗担当者への差戻しなども全てアナログで実施していた。このため次の工程に移るまでに4日前後のリードタイムを要していた。

SmartDBによる業務改善効果
SmartDBによる業務改善効果

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]