編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
海外コメンタリー

IT投資や新規プロジェクトの妥当性について支持を得るには--5つのポイント

Mark Samuels (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2022-04-04 06:30

 最近では、IT部門以外の部門が直接技術を調達する機会が増えている。調査会社のGartnerによれば、事業部門によるIT支出は、IT予算全体の36%を占めるまでになっており、今後も増加し続ける見込みだという。

 この調達パターンの変化は、デバイスやアプリケーション、サービスを自前で調達している事業部門の担当者に大きな影響を与えている。

 システムの統合や実装といった扱いが難しい技術要素については、社内のITチームや社外のサービスプロバイダーに頼るとしても、上司を説得して調達しようとしている技術には投資する価値があると納得させる仕事は、他人に任せるわけにはいかない。

 多くの事業部門のスタッフにとって、技術投資についての説明は、過去に経験したことがない仕事だ。では、彼らがデータやデジタル化について説明を上司に聞いてもらうためには、どうしたらいいのだろうか。この記事では、ITプロジェクトについての話を周囲に聞いてもらうための5つの方法を紹介する。

1.ビジネス成果にどうつながるかを強調する

 技術の話だけをしてはならない。新しいシステムやサービスを導入することの価値は、それらの技術がビジネスや顧客にどんなメリットを提供できるかによって決まるからだ。

 企業に業務サービスを提供しているVerastarの最高技術責任者(CTO)を務めるSpencer Clarkson氏は、この教訓は、幾度となく正しいと証明されてきたと話す。Clarkson氏によれば、IT予算を確保したいのであれば、潜在的なアウトカムに議論を集中させるべきだという。

 「どんなプロジェクトでも、一番重要なのは、技術そのものではなく、ビジネスをどう変えるか、顧客にどんな変化をもたらすかだ。技術はそれを可能にするプラットフォームを提供するにすぎない」と同氏は述べている。

 つまり、技術について話す必要がある人は、コラボレーションサービスの導入による生産性の向上や、新たなデジタルチャネルの開拓による収益の向上といった、その技術を導入する狙いや目的に話を絞る必要があるということだ。

 Clarkson氏は、「何を達成しようとしているのかに焦点を当てれば、技術を導入することによるメリットを説明するのは楽になる。重要なのは、目的を達成するための工程へと周囲を導くことだ」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]