編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」
調査

データ侵害、米国で前年同期比14%増--ITRCの2022年Q1レポート

Bree Fowler (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-04-14 12:21

 米個人情報窃盗リソースセンター(Identity Theft Resource Center:ITRC)は米国時間4月13日、2022年第1四半期のデータ侵害に関するレポートを発表した。レポートによると、サイバー犯罪者が企業とコンシューマーの双方への攻撃を続ける中、米国で同四半期に報告されたデータ侵害の件数は前年同期比14%増だった。

Data Breaches Up in First Quarter of 2022
提供:Getty Images

 なりすまし犯罪の被害者を支援する非営利団体であるITRCは、2022年第1四半期に404件の侵害が報告されたとしている。前年同期は354件だった。2022年第1四半期に発生した侵害の大半はサイバー攻撃によるものであり、フィッシング攻撃による110件、ランサムウェア攻撃による67件が含まれている。

 また、同四半期にデータ侵害の被害に遭った人の数は前年同期からほぼ半減し、2070万人だった。サイバー犯罪者が大規模なデータ窃盗から距離を置き、標的を絞ったより小規模な攻撃を選ぶようになったためとみられる。

 ITRCのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)Eva Velasquez氏は、データ侵害の件数が前年同期比で2桁増だったことは、2021年に過去最高に達したデータ侵害件数が2022年も増加し続けることを示している可能性があると述べた。ITRCは企業やコンシューマーに対し、個人情報を保護するために最善を尽くすよう促した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]