編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

アップル、「macOS Server」終了--20年超の歴史に幕

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-04-25 10:42

 Appleは、「Mac」や「iOS」デバイスを管理するサーバー機能を提供する「macOS Server」を終了すると発表した。

 同社はサポートページでmacOS Serverの終了を発表した。「Mac OS X Server 1.0」から数えて23年の歴史を持つ。既存ユーザーは、最新デスクトップOS「macOS Monterey」でこのアプリの利用を継続できる。

 サポートページでは、「Appleは2022年4月21日をもってmacOS Serverを終了した。既存のmacOS Serverの顧客はmacOS Montereyで引き続きダウンロードし、利用することができる」とされている。

 また、「キャッシュサーバ」「ファイル共有サーバ」「Time Machineサーバ」といった一般的なサーバー機能を「macOS High Sierra」以降に組み込んでいるため、「より多くの顧客がこれらの基本的なサービスを追加コストなしで利用できるようになっている」と説明されている。

 このほか、Appleは、「プロファイルマネージャ」からほかのモバイルデバイス管理(MDM)ソリューションに移行するユーザー向けに、MDMソリューションの選択などに関するリンクを紹介している。

 macOS Server終了のニュースはさほど驚くべき話ではない。Appleは2018年、macOS Serverの大幅な変更を発表した。それまで、VPNサーバー、ネットワーキングサービス、DNSサーバー、ファイアウォール、メールサーバー、カレンダー、メッセージなどのサービスが提供されていた。

 米ZDNetのSteven J. Vaughan Nichols記者は当時、Appleが「iPhone」やMacを中心としたコンシューマー向け製品に対する取り組みを重視する中、サーバー製品の重要性が低下したと指摘していた。

 キャッシュサーバやTime Machineサーバ、ファイル共有サーバ関連の高度なオプションは、2018年までに「macOS」の標準デスクトップバージョンに移行されている。今回、macOS Serverは、法人向けサーバーハードウェア「Xserve」と同じ運命をたどることになった。Xserveは2010年に販売終了が発表された。Appleは当時、「iTunes」、App Store、iPhone向けのコンテンツをサポートするため、10億ドルを超える規模のデータセンター群を建設し始めていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]