米ZDNet編集長Larryの独り言

アップル「WWDC 2021」でみえたライバル見据えた進化--プライバシー機能など充実

Larry Dignan (ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2021-06-10 06:30

 Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏とソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントであるCraig Federighi氏、その他の幹部らは米国時間6月7日に開幕した開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)2021」で、複数の競合企業を意識したと思われる数々の機能を盛り込んだ革新的なロードマップを示した。

Tim Cook

 同社が他社の名前を口にすることはほとんどないものの、今回のWWDCではまるで聴衆の中にGoogleやFacebook、Amazon、Zoom Video Communicationsといった競合企業だけでなく、広告業界やVPN企業、Peloton Interactiveに至るまでのアニ文字が並んでいたかのような印象を受けた。

 つまり、Appleによる発表内容のほぼすべてが、強力なプライバシー保護機能を武器にして競合企業との差別化を図るものになっていたということだ。同社が発表した内容を以下に挙げる。

GoogleやFacebookを意識した動き

 Appleは決してGoogleやFacebookの名前を直接口にしたりはしないだろうが、Appleの「プライバシー分野のリーダーシップ」という表現はしばしばこれら2社を意識したものとなっている。Appleはソフトウェアアップデートを通じてプライバシー擁護を推進してきており、クロスサイトトラッキング(サイトをまたがる追跡手法)だけでなく、収益化につなげられるトラッキングピクセルからもユーザーを守ろうとしている。

 Appleはまず「Safari」に「インテリジェント・トラッキング防止」機能を搭載した。そして、今回は「メール」アプリにも同機能を組み入れようとしている。今後は他のアプリにも搭載されていくだろう。同社は以下のように述べている。

 「メールプライバシー保護」は、差出人がメール内に目に見えないピクセルを潜ませてユーザー情報を収集するという行為を防止する。この新機能によって、差出人はユーザーが電子メールを開いた日時を検知できなくなるとともに、ユーザーのIPアドレスを知ることができなくなるため、オンライン上でのユーザーの他の行動と関連付けたり、ユーザーの位置情報を把握したりできなくなる。

 インテリジェント・トラッキング防止機能は、トラッカーに対してユーザーのIPアドレスも隠蔽(いんぺい)することでさらに強力になる。これにより、ユーザーのIPアドレスを固有の識別子として利用し、複数のウェブサイトを横断してユーザーの一連の行動を把握した上で、ユーザーに関するプロファイルを構築するという行為を阻止できるようになる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]