ベイシア、SaaS型の製品マスターサービスを導入--ネットスーパーの商品情報を整理

NO BUDGET

2022-07-07 17:23

 ショッピングセンターチェーンを展開するベイシアは、製品マスターのSaaS「Lazuli PDP」を採用した。製品を提供するLazuliが7月5日に発表した。

 Lazuli PDPは、複数の外部データベースに点在していた商品情報を一括管理し、データを活用しやすい形に整理、拡張するための製品データ基盤(PDP)。メーカーや小売業者、製薬業者などが保有する多様な商品マスターデータを、独自収集した商品情報や人工知能(AI)を活用して名寄せし、商品の特徴からメタタグの付与や関連付けを行う。

 ベイシアでは、ネットスーパー基盤「Rakuten全国スーパー」上に「Beisia ネットスーパー」を1月にオープンし、オンラインで注文された商品をベイシアの店舗からピックアップ、配送するサービスを開始している。

 ネットスーパーは、リアル店舗と異なり、利用者が実際に手に取って商品を確認したり、類似品と比較したりできないため、商品の詳細な情報を十分にそろえ、分かりやすく表示することが、体験価値の向上に不可欠となっている。しかし従来の商品情報登録業務には大きな負荷と時間がかかり、大きな課題となっていた。

 ベイシアでは、Lazuli PDPによって商品情報の入力にかかる負荷と時間を大幅に削減し、高精度で充実した商品情報を提供することで、商品をより発見、比較、購入しやすいものにするとしている。

Lazuli PDPの概要
Lazuli PDPの概要

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]