編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

八街市教育委員会とNTT東、市内中学校での情報・ネットリテラシー教育で連携

NO BUDGET

2022-07-12 11:19

 千葉県八街市教育委員会はNTT東日本と連携し、市内の公立中学校4校で、生徒の情報モラルやセキュリティ思考の定着・向上を目的として「情報・ネットリテラシー教育」に取り組む。今回初めて、新たなIT教材ツールを活用した「情報・ネットリテラシー授業」を実施した。

 新たなIT教材では、生徒へ貸与中のタブレット端末を利用して、「ゲーム形式」により設問への回答を行う。カードに記載された複数の設問に対し、回答の候補が記載されたカードを選択して正誤を確認することで、生徒が楽しく学びながら理解を深められるとしている。

教材のイメージ
教材のイメージ

 ネットを活用する際の実際の体験に近い状況をカードで示すことで、設問とそれに対する自分のアクションを考えながら回答でき、ネット社会におけるさまざまな対応を体験的に学習することが可能だという。

 八街市教育委員会では、従来から独自に教職員への「教育ICT」に関わる研修を実施するなど、GIGAスクール構想の導入直後から、生徒が使用するタブレット端末の積極的な活用を推進してきた。

 しかし、児童・生徒のITリテラシー向上と保護者への理解醸成を図る上では、ネットセキュリティに関する知識を網羅的に身に付ける必要があった。またセキュリティの高度化(意識)については、タブレット端末に制限をかけるという手段ではなく、日常でスマートフォンなどを使用する際にも安全にインターネットを活用することができる対応力を育成することも求められていた。

 NTT東日本ではこうした課題の解決に向けて、新たなIT教材ツールの検討・開発を進めつつ、教職員などへの研修を交えながら複数回にわたって実際の授業での検証を行ってきた。その結果、今回の教材ツールが課題解決に役立つとして、今回初めて実際の授業において活用することとなった。

 同委員会は今後、「情報・ネットリテラシー教育」について、今後も児童・生徒や保護者、教職員へのアンケートなどを通し、同ツールを活用した児童・生徒に対する教育の有効性や学習の浸透度合いなどを検証する。

 またNTT東日本は、同委員会による検証結果のフィードバックなどを通じて、今後も同ツールの有効性を高めていくとともに、この取り組みをパイロットケースとして他の教育委員会などへも働きかけていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]