編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

レッドハット、社長兼CEOを交代へ--コーミア氏に替わりヒックス氏

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-07-13 12:10

 Red Hatは、2020年から社長兼最高経営責任者(CEO)を務めてきたPaul Cormier氏が退任し、会長に就任することを発表した。ベテラン社員で製品およびテクノロジーの責任者であるMatt Hicks氏が後任として社長兼CEOに就任する。

 Red Hatに14年以上勤務してきたCormier氏がまもなく引退するのではないか、とのうわさは5月の「Red Hat Summit」でもささやかれていた。そのうわさは正しくなかったが、同氏はやや負荷の少ない役職に移ることになった。

 ブランド体験およびコミュニケーション担当バイスプレジデントのStephanie Wonderlick氏は、「Paul Cormierがいなければ、Red HatがRed Hatになることはなかっただろう」と述べた。

 Cormier氏は、エンジニアリング担当バイスプレジデントを務めていた2003年、初期の低価格ディストリビューションである「Red Hat Linux」を捨てて、本格的な企業向けLinuxである「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」に移行する取り組みを主導した。

 その取り組みは支持を得られなかった。Cormier氏は後に、「当時の(多くの)エンジニアはビジネスモデルに関心がなく、Red Hat Linuxの開発に取り組むことを望んでいた。新しいモデルへの移行に伴って、社内である程度の混乱が生じた。一部のエンジニアは退職したが、会社にとどまったエンジニアの方が多かった」と語っている。ユーザーもこの取り組みを全く支持せず、Red Hatが初期の顧客を見捨てようとしていると考えた。しかし、エンタープライズ顧客の見方は違った。

 現在では、RHELは業界をリードするエンタープライズ向けLinuxプラットフォームだ。Fortune 500企業の90%以上で使用されており、2022年におけるRHELの全世界での経済規模は13兆ドルに達する。

 Hicks氏は社内で人気が高く、実践的なリーダーとして知られている。同氏は2006年、「Perl」アプリケーションの「Java」への移植に取り組む開発者として、Red Hatに入社した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]