KEC関西電子工業振興センター、申請書の処理業務を約4割削減--「X-point Cloud」導入

NO BUDGET

2022-07-14 11:29

 KEC関西電子工業振興センターは「X-point Cloud」を導入した。紙の稟議書を電子化することでスムーズな組織運営を実現させ、会計関連の申請書の処理業務を約4割削減したという。同製品を提供したエイトレッドが発表した。

 X-point Cloudは、ノーコードでペーパーレス化と電子化を実現するワークフロークラウド。サポート体制も充実しており、多彩な連携機能と便利な検索/集計機能で業務を効率化できる。

導入による業務効果
X-point Cloud導入による業務効果

 KEC関西電子工業振興センターは、電気/電子機器への電磁両立性を評価する「EMC試験」や「製品安全試験」、電子関連の先端技術の情報提供などを主力事業とし、国内電子業界の生産性向上や品質維持、技術基盤の構築に大きな役割を果たしている。

 同センターは申請業務の効率化を目指す中で、申請書の作成や回付による業務効率の低下、非効率な申請書の処理業務によって重要業務のリソースを圧迫するといった課題を抱えていた。

 このような課題を解決するため、X-point Cloudを導入。紙の書式を再現できるフォーム作成機能や会計システムとの連携に必要なCSVファイルによるデータ出力機能、有用性の高さなどが採用ポイントになった。

 現在、KEC関西電子工業振興センターでは年間約5,000件の申請業務がX-point Cloudで行われており、職員の書類作成にかかる手間や回付にかかる時間が大幅に削減されている。また、申請書のデータが会計システムに連携されたことで、会計システムへの手動転記やダブルチェックなどの作業が不要になり、会計関連の申請書の処理業務は約4割削減されたという。

 さらに、総務部では月末/月初の残業が大幅に減り、余剰リソースを重要業務に充当できたことで、従来よりも早期の月次決算が可能になるなど、経営管理の領域でも導入効果が生まれている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]