編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

マイクロソフト、NuanceのAIを備えたデジタルコンタクトセンターを発表

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-07-20 12:59

 Microsoftは、年次パートナー会議「Inspire」が開幕した米国時間7月19日、「Microsoft Teams」「Dynamics 365」およびNuanceの人工知能(AI)を備えた統合デジタルコンタクトセンタープラットフォーム「Microsoft Digital Contact Center Platform」を発表した。

画面を見ながら話す人
提供:Microsoft

 Microsoftは3月にNuance Communicationsの買収を完了。197億ドル(約2兆7000億円)で買収されたNuanceは、ヘルスケア分野への取り組みでよく知られており、音声認識の製品やそれに関連するソフトウェアおよびサービスを手がけている。Microsoftに買収される前から、Nuanceは独自のコンタクトセンター技術をすでに提供していた。

 Microsoftは少し前から、自社の既存のテクノロジー群をパッケージ化してコンタクトセンター製品として提供する計画を示唆してきた。

 Nuanceの買収が正式に完了した後には、NuanceとMicrosoftのコンタクトセンター製品を組み合わせたサービスの開発に取り組んでいることを明かし、Microsoftの「Dynamics 365 Customer Service」製品をNuanceのAIテクノロジーと統合して、「AIを備えた安全なコンタクトセンター」を構築するとしていた。

 Microsoft Digital Contact Center Platformは、予測/感情分析技術「Context IQ」により、カスタマーサービス担当者が顧客の感情、そしてアップセルおよびクロスセルに向けて次に伝えるべき応答やお薦め情報をより正確に把握できるよう支援するという。また、会話型ボットを容易に作成できる「Power Virtual Agents」も組み込まれる。

 Microsoftによると、主要パートナーの1つであるAccenture-Avanadeが、Microsoft Digital Contact Center Platformを利用したカスタマーエンゲージメントソリューションを提供するという。他のローンチパートナーには、HYやHCL、日立製作所、KMPG、PwC、TCS、TTECなどが含まれる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]